たるみ毛穴を予防したい!

たるみ毛穴は年齢を感じさせる要因の一つです。肌のたるみが大きくなることで、毛穴はたるみの筋にそって縦方向や横方向に長く伸びてしまいます。たるみ毛穴は頬の部分から始まることが多く、少しずつ周辺にまで及んでいきます。
たるみ毛穴の原因は、肌に弾力をもたらしてくれるコラーゲンやエラスチン等の成分の減少です。若い頃は肌中に豊富に含まれていますが、年齢と共に減っていきます。加齢だけでなく、紫外線や活性酸素によっても老化は進みます。
予防するには、ビタミンC・ビタミンB・ビタミンE等のビタミン類を食事から積極的に取り入れることが大切です。摂取することで真皮層にある繊維芽細胞の働きが良くなり、コラーゲンの生成が活発になります。また、紫外線を浴びることでせっかく作られたコラーゲンが破壊されてしまいますので、紫外線からお肌を守るための対策も必要です。紫外線を浴びてしまうと活性酸素が発生し、肌の細胞やコラーゲンを傷つけてしまいます。活性酸素の働きを抑えてくれるのはポリフェノールやカロテノイドです。
これらの方法なら、日常生活の中で予防することができます。早期の対策と一日一日の努力が、五年後、十年後の肌に変化をもたらしてくれます。

⇒背中ニキビってどうして出来るの?はこちら

たるみ毛穴になる年齢

じつは女性の方の肌悩みの中で、最も悩んでいる人が多いのが毛穴だとも言われています。
若い方の場合には、過剰な皮脂の分泌によって小鼻の毛穴が広がってしまったり、皮脂が溜まって黒ずんだりすることが多いのですが、じつは年齢肌の場合にはまた違った毛穴の悩みを持つ方が多いのです。
若い方とは異なり、年齢によって気になる毛穴というのは主に頬の部分の毛穴です。
頬の部分の毛穴が涙上に垂れ下がってしまい、毛穴が目立つのです。
これを「たるみ毛穴」などと表現することが多いですが、たるみ毛穴の主な原因は加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少によるものです。
つまり、コラーゲンやエラスチンが減少することによって、頬の弾力が失われ、重力に逆らうことができなくなることによって毛穴が目立ってしまうのです。
ですから、たるみ毛穴が気になる方の場合には、お肌にハリや弾力を与えるようなスキンケア商品を使用することが大切です。
ただし、コラーゲンの場合には分子が大きくスキンケアからはダイレクトに補うことは難しいですので、食品やサプリメントなどを利用して内側からも補うようにしましょう。
また、スキンケアに関してはビタミンC誘導体配合の化粧品を使用することによって、お肌のコラーゲンを生成する手助けをしてくれるので効果的です。
たるみ毛穴は年齢によるものですから、エイジングケア効果のあるスキンケア商品を上手に選ぶようにしてください。

たるみ毛穴になりやすい人

たるみ毛穴は、脂性や混合肌の方に起こりやすくなっています。
脂性肌の方は、元々毛穴に余分な脂が溜まりやすい状況になっていますので毛穴の問題を感じてしまいがちです。
とくに、肌の乾燥によって余計な皮脂が分泌されているタイプの脂性肌の場合、毛穴が広がっている状態のうえ、肌の奥の乾燥によりお肌のたるみが起こりやすくなってしまうのです。
他の肌タイプと比べて、脂性肌は毛穴に関するトラブルが起こりやすい状態になりますので、余分な油分を控えながら肌の乾燥を解消するための水分を与えるケアを行ってみるとよいでしょう。
混合肌タイプの方についても、たるみ毛穴は起こりやすくなってきます。
混合肌の方は、頬やおでこなど特定の部分の脂の分泌が激しい状態になるのですが、このケアを間違えることにより、たるみ毛穴が悪化してしまいます。
特定の部分のみ脂の分泌が激しい方については、その部分に使用する化粧品を、油分の少ないものに変えていったり、汚れをしっかりと落しながら潤いも同時に与えられる洗顔料でケアを行ってみるとよいでしょう。
このように、肌質によってたるみ毛穴になりやすい方もいますので、お肌のタイプに合ったケアを実践してみるとよいでしょう。

たるみ毛穴が進行すると

毛穴が開いてしまう原因といえば、皮脂の過剰分泌というイメージがあります。
確かに皮脂が多いと毛穴を広げてしまいやすいですが、乾燥している肌でも、毛穴が開いてしまう事があります。

年齢を重ね毛穴が開いてきた、また乾燥肌で毛穴の開きが気になるという場合、たるみ毛穴になっているかもしれません。
たるみ毛穴とは名前通り、毛穴がたるむ事で起こる肌トラブルです。

年齢を重ねコラーゲンの生成量が低下してしまうと、皮膚を支えきれなくなり、毛穴が下へと下がってしまうのです。
また肌の乾燥もハリを失う原因となり、たるみ毛穴が出来やすいと言われています。

たるみが原因の毛穴開きかどうかは、肌を上へと持ち上げると分かります。
上に持ち上げて毛穴が目立たなくなったら、たるみによる毛穴開きなのです。

この、たるみによる毛穴の開きが進行してしまうと、帯状毛穴へと変化してしまうので、注意しましょう。

帯状毛穴とは、たるんだ毛穴が繋がってしまい、シワになってしまう症状の事を言います。
鼻のわきから頬にかけて部分的に、小じわのように入るのが特徴です。

この帯状毛穴が出来てしまうと、実際の年齢よりかなり老けた印象を与えてしまう為、たるみ毛穴のうちに早めの対策をする事が大切です。

帯状毛穴の原因

若い頃は毛穴も目立たずきれいな肌を保ちやすいですが、加齢とともに毛穴が目立ってくるようになります。
加齢とともに目立つ毛穴をたるみ毛穴、帯状毛穴などと呼びますが、まずはその特徴を知り、改善を目指していきましょう。

たるみ毛穴は加齢で肌がたるんできたときに起こりやすい症状です。たるみ毛穴は毛穴が楕円形状になっているのが特徴です。こうした症状が出る原因としては、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンが年齢とともに体内から減少していくことがあげられます。

それゆえに、改善していくためには、化粧品やサプリメントなどで足りない成分を補っていく必要があります。

そしてたるみ毛穴を放置しているとさらに症状は進行し、帯状毛穴と呼ばれる症状に発展してしまうことがあります。
これは開いた毛穴がたるんでつながり、小じわのようになってしまう症状です。

こうした症状を改善するには、パックなどで毛穴の汚れを取り除くことも大事ですが、乾燥するとさらに悪化してしまいますので、保湿ケアはしっかりと行っておきましょう。

そしてサプリメントや化粧品でコラーゲンを摂取することが大切ですが、ビタミンCもコラーゲンの生成を助けてくれますので、しっかり取り入れていきましょう。